リノベーション 物件

オーナー必見! リノベーションで賃貸物件の家賃がアップ!

「リノベーション」をご存知ですか? 「リフォーム」よりも大規模な改修工事を行って、建物の元の性能以上の付加価値を再生すること。リノベーションした物件は、新築よりも安価で使いやすいと近年人気が高まっています。家賃のアップも見込めるかもしれません!

リノベーション物件とは

読了までの目安時間:約 2分

リノベーション物件とは、建物を一度スケルトンにして、住む人のニーズに応じた建物に生まれ変わらせた物件を言います。住むまでに時間が必要ですが、自分にあった住まいが手に入るというメリットがあります。

 

リノベーション住宅で一家団欒

リノベーション物件とは何かというと、言葉そのままでナンなのですが、「リノベーションをした住宅」という意味です。

では、リノベーションとは何か?

それは、「改善」「修復」をすることにより、元々の住まいよりもさらに付加価値を高めたものにするという意味で使われることが多いです。

例えば汚れた壁紙を張り替えたり、フローリングを変えたりするのはリフォームにあたります。

いわば、新築時の状態(あるいはそれに近い状態)に戻すのがリフォームですね。

それに対して、リノベーションは壁紙を変えるだけでなく、例えば防音効果のある壁に変えたり、フローリングを変えるだけでなく、その際に耐震性を高めるようにしたりなど、より安全性を高めるなどの付加価値を施すことを言います。

 

 

リノベーション物件とは、「そこに住む人のニーズに合わせた、ライフスタイルにあった住まい」

建物を一度スケルトンの状態にして、そこからまた作り直しをするので、より自分の要望をうまく取り入れた住まいを作り上げる事ができます。

新築よりも費用はかからず、望みに近い住空間が手に入る、リノベーション物件にはそんな良さがあるのですね。

ただ、リノベーション物件は、引越しまでの間に、建物検査、設計、施工という過程があります。

すぐに住めるわけでなく、普通の中古物件に比べて引越しできるまでの時間が結構必要なので、時間にゆとりのある人向けの物件と言えるでしょう。

リノベーション工事のトラブル

読了までの目安時間:約 3分

リノベーション工事のトラブルとしては、工事後に不具合があった、あるいは、依頼内容(契約内容)と出来上がりが異なった、そして、工事スケジュールが遅延して困った、などがあります。

 

中古の物件を買って、リノベーション工事をして、自分にあった、自分の住みたい生活を送る事ができる家に引越し、ステキですよね。

でも、リノベーション工事、気をつけないと、トラブルに巻き込まれる事もなくはないので、注意が必要です。

 

リノベーション工事中のマンション

一つ目は工事後の不具合。

例えば、外壁がひび割れていたり、きれいになったはずの内壁が汚れていたり、雨漏りがしたりといった、工事内容の不完全さ、です。

これは業者の技術不足、管理不足、そして完了検査がきちんと実施されていないなどの理由で生じます。

ちゃんとした業者に頼めばこの類のトラブルは防ぐ事ができるでしょう。

急な訪問販売などで「よいかも!」なんて業者を決めてしまわず、しっかりと下調べをしましょうね。

 

もう一つは契約内容と工事の内容が異なってしまった、というトラブル。

これは依頼者と工事請け負い側との意思疎通がうまくいかなかった、つまり依頼者の想いがうまく伝わらなかったことなどが原因です。

依頼した内容は、口約束ではなく、きちんと書面に残して、双方納得の行った上で、施工にとりかかるようにしたいものです。

 

もう一つのトラブルは日程、スケジュールに関して。

中古物件をリノベーションする場合、当然工事が発生するので、物件を見つけてからすぐに引越しというわけにいかないのは重々承知とは思います。

が、工事の日数が思ったよりも長引いたなど、スケジュールがずれこんでしまって困ってしまいますので、そういうときのために、延長の場合の経費をどうするか、遅延金についてなども、事前にきちんと契約、確認しておくようにしましょう。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー